“皆さんはただ「むやみやたらに筋トレを行っている」といったような事はありませんでしょうか?私も以前はそのようにして筋トレをがむしゃらに行っていたことがありましたが、そのような筋トレを行っても筋肉がつかなかったり身体を壊してしまったりと筋トレの効果を存分に発揮させることができなくなってしまいます。

ですから筋トレを行っている上では少し考え方を変えたり効率を良くしていくようなことを行っていくのが大事であると言う事は間違いありません。そこで今回は筋トレにプラスして考えておきたいポイントとそのことについてお話をしていきたいと思います。筋トレをより効率的に行って行きたいと言う方はぜひ参考にしてみてください。

先ほども申し上げました通り、南やたらに筋トレを行っているようであればなかなか筋肉がつきません。ですから筋トレを行っているときはたまにはレストと言って休みを取らなければいけないのです。

こまめに身体を休めてあげることが筋肉の効率を上げることにつながります。そして筋肉をつけるための本であるタンパク質の摂取も忘れてはならないでしょう。せっかく筋トレ行っても筋肉の元がなければ筋肉はなかなかついてきません。ですから、筋トレを行った場合は筋肉の元になるタンパク質の摂取をおすすめします。”