コロナの影響で外に出ることが極端に減ってから少しずつ太ってきました。それまでは通勤でも仕事でも歩いていたのがなくなったのですが、食事の量は変わりませんしお酒の量は逆に増えてしまいました。

それで自宅でも何かできることはないかと思い、筋トレをすることにしました。普段ほとんど筋トレをしなかったので何がいいとかはわかりませんでしたので、基本的な腕立て伏せ、腹筋、背筋、スクワットから始めてみました。無理なくするために10回の3セットという普段運動をしている方からすれば楽に感じるかもしれませんが、それでもきつくて翌日には筋肉痛になっていました。

時間にすると10分間で終わるので時間を取られることもないので、それから毎日コツコツと続けています。1週間続けて慣れてきたので回数を増やして20回にしました。

室内でやっているにもかかわらずこれをすると汗がでてきてきます。筋トレをする前はお腹が少し出てきていて妻に指摘されていましたが、筋トレを始めてからは以前の状態に無事戻りました。筋トレっていろいろなものがあるので正直どれをすればどんな効果があるということや自分にはどんなものがあっているのかわかりませんが、効果を実感できているので満足しています。

筋肉をつけるのが怖いといっても

筋肉をつけたくないと考える人はそんなにいないです。

そもそもいわゆるかなりの筋肉質と言うかマッチョな方々をイメージすることがあるでしょうがあそこまでいくというのは少し鍛えたくらいでどうにかなるというレベルではありませんので、特に女性などに言えることですがあまり筋肉をつけたくないから筋肉トレーニングをしないというような考え方ははっきり言っても無駄です。

むしろ、損をしているといってもよいでしょう。

せいぜい少し体が引き締まる程度のものであり、かなり筋肉を肥大化させるということは特に女性では恐ろしいほどの努力が必要になります。もちろん不可能というわけではないですが、かなりしっかりと鍛えたとしても筋肉ムキムキになるというよりは体が引き締まってスタイルが良くなるというような感じになりますので、むしろ、女性にこそ筋肉トレーニングはお勧めできると言っても過言ではないくらいです。

ではまずどのようなことから始めればよいのかということになりますが簡単に言えば腕立て伏せのようなものでもよいので軽くやってみると良いでしょう。

その程度のことどう思うかもしれませんがその程度のこともやっていない人の方が圧倒的に多いわけですから、少しでも毎日続けていくことによって、確実に筋肉というのは鍛えられていくことになります。下半身を鍛えたいのであればスクワットがよいでしょう。